脳天気な我が家

~ベランダ栽培を中心に、たくさんの趣味や日常を綴っていきます~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。ポチっと応援よろしく♪

農薬って悩むよね

ナスやピーマン等に悪さをするチャノホコリダニ

先日、ハダニやチャノホコリダニを退治するため、ダニ太郎を散布したのですが、どうやら、退治できたのはナスを襲っていたハダニだけで、ピーマンに付いていたチャノホコリダニは駆逐できなかったようです(^^;

未だに生長点辺りの葉っぱが縮れています。

でも、ピーマンの実は綺麗で、傷が入ったりしていないのが不思議なんですよね。
やっぱり、ちゃんとスコープで確認した方がいいですかね。


最近、いろんな薬剤を見たりしているのですが、知識がないから何が安全で、何はイケナイのか分からないんですよね

ベランダで栽培している場合、株元に置くタイプの方がご近所の方に迷惑がかからなくていいんじゃない?

いくら風が吹いていない時に散布しているとは言え、屋外で、まったくの無風状態なんてことはありえないですもんね(^^;

そうなると、浸透性の薬剤ってことになるわけですよね。

『葉っぱの裏側まで、かけムラのないように・・・』

なんて難しいことを言われなくて済むのだけど、浸透性の薬剤というのは、植物が薬剤の成分を吸収するので、害虫が、その植物の葉っぱ等をちぅちぅ、モグモグすることで薬剤を体内に取り込み、お亡くなりになるって仕組みなんですよね。

薬剤の成分を吸収した植物は、本当に安全なのだろうか?

本当に安全なら、こんなに便利なものはないわけだが、残留農薬のことを考えると家庭栽培の値打ちがなくなるような気がするし。


最近の農薬は、昔の農薬と違って安全性が高くなっているという話もあるようだけど、イマイチ信じられなかったりする(^^;

ほんと悩ましいわ。
にほんブログ村 花ブログ 屋上・ベランダ菜園へにほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
ランキング参加中です。ポチっと応援よろしく♪

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

v-22ホント悩ましい、と思いつつ、初めてオルトランをキュウリに使ってみました(汗)
見事な効きっぷりで・・・・葉っぱはきれいになって、ちょっとドキドキ
他はテントウムシに頼ったりしてますが、やはりこんなに効き目はありません
考えちゃうな・・・ね

家庭菜園、農薬もきちんと使わないと、かえって農薬に強い虫を作ったり、書いてらっしゃる通り、周りに迷惑をかけちゃいそうで怖いです

葉っぱさんへ♪

無農薬で栽培できるにこしたことはないのですが、なかなか難しいですよね。
せっかく栽培しているのに収穫できないまま枯れちゃったり、食害が酷すぎて食べられなかったり・・・みたいなことを繰り返してると栽培するのも嫌になっちゃうだろうし。

中途半端に薬剤を使って害虫の耐性をつけちゃうのは、自分だけでなくほかの方にも迷惑をかけることになるだろうし、そうなると、きちんと使って退治しちゃった方がいいように思うんですよね。

ただ、日本政府みたいに「あ、あれ、大丈夫って言ってたけど、本当は安全じゃないんだよね」みたいな後出しされたら嫌だなって思うんですよね(^^;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

現時刻デス

プロフィール

FOX

Author:FOX
大阪出身のおばはんライダー。
現在は関東に在住。

【好きなもの】
バイク・猫・洋画・アニメ。。。etc.

現在の閲覧者数

カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
14369位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ガーデニング
1213位
アクセスランキングを見る>>

素敵なサイトご紹介♪

仲良くしていただいているNaomiさんがご友人と立ち上げた、とっても素敵な園芸サイトです。
sodatte_banner.gif

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

みんなで節電♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。